splendor

超かんたん♪ スモラバを自作しよう!

自作 スモラバ

 突然ですが、「アングラーの皆さん、スモラバ使ってますか?」

「あたりめぇだろっ!」

そんなお言葉が返ってきそうですが、、、(汗)

 私自身はと言うと、以前は使用する機会がなかったのですが、最近めちゃくちゃスモラバ活用しているんです。

ただ、自作スモラバです!

ちなみに、使用にいたらなかった理由は...単純にコストが掛かるからです、、、(´ε`;)

費用対効果を考慮すると既製品はねぇ、、、

 バス釣りをするにあたって、ルアーのスタック、ロストは致し方ない事で、釣果を上げようものなら必然的にストラクチャーやカバーへのキャストが必要不可欠となり、スタック、ロスト率も高くなってしまいます。

そして、釣行を終えて数本の釣果は上がれど、多数ルアーロストでお財布大ダメージってなことありませんか?

ましてや、「ロスト×デコ」だったらどうします?精神的ダメージは計り知れず・・・一気に老けてしまうことでしょう・・・

そんなんで、万が一の事を考えると自分はどうしても比較的コストが掛からないリグをチョイスしてしまいます。

 しかし、以前タックル整理をしていたときなんですが、メーカ不明でガードが取れたスモラバが出てきまして...捨てるのも何なんで、ダメ元で川スモールで試してみたんですよ、、、

あら、ビックリ!! 釣れる!釣れる!

それがきっかけで、スモラバを活用するようになったんです!しかし、多用するようになると、必然的に数が必要になりますし、カラー、ウェイト揃えると、かなりの出費です。。。

「う~~ん、、、」

スモラバとて安い物でもなく結構なお値段です...大手メーカーだと1個500円近くしますよね、、、ワームみたいに気軽に使える物でもありません。

そんな訳で、、、

この際、自作しますか!ってな訳なんです。

ただ、自分も始めは、「失敗しそう×めんどくさそう」等ありましたが、いざ、製作してみると思いのほか「かんたん×面白い」でしたよ!

正直、最初の1個は、多少大変と感じるかもしれません...2~3個作って慣れてくると、ポイポイ量産できるようになり、暇つぶしにもってこいです♪

実際に製作すれば分かりますが、「こんな簡単な物に500円も取ってるのか、、、(=_=)」

さらに、コスト削減はもちろんの事、自作スモラバの大きなメリットは、自身の釣行で高実績カラーを用いてオリジナルスモラバが製作できることです!

当サイトの釣行記や動画をご覧いただくとわかりますが、どんなリグに置いても“スカッパノン”カラーを多用しています。

事実、釣果実績も非常に高いからなんです。

そのため、スモラバを使用するに当たっても当然スカッパノン系カラーをチョイスしたい訳なんです!しかし、如何せん既製品のスモラバに関しては、不要なラメが入っていたり、ソリッドカラーが無かったりと、多々、不満がありましたが、自作してしまえば、そんな不満も一発解消!

実績の高いカラーで製作したオリジナルスモラバは大きなアドバンテージになること間違いなしです!

ちなみに冒頭のスモラバ画像、私自身が製作したスモラバで、スカッパノン系のソリッドタイプを製作してみました♪

シンプル・イズ・ベスト!よく釣れますよ!

あっ、、、!?すいません、、、ぐだぐだ力説しても意味ないですかね、、、(汗)

では、スモラバを実際に製作してみましょう!

 
自作 スモラバ

まず、スモラバ製作に必要なツールです。

バイス:スモラバ製作する上で必要不可欠なツールです。2,000円ぐらいの物で必要十分です。

裁縫糸:ラバーのズレ防止、仮止め等、スモラバの完成度を高めるためには必要不可欠です。

ステンレス線:ラバーの固定に使用します。太さは、0.3mmベストでしょう。

プライヤー(ラジオペンチ):ステンレス線の締め付け作業で使用します。コンパクトな方が使い勝手がいいと思います。

ニッパー:ステンレス線の切断に使用します。

※ 申し訳ありません。上記の他、ハサミとカッターのご用意お願いいたします。

スモラバ製作に必要なツールは、以上です。

①のバイス以外は、100均で揃えることもできますが、精度、耐久性を考慮するとホームセンターがおすすめです。

自作 スモラバ

続いて、今回スモラバ製作に使用する素材です。

スカート:がまかつ シリコンスカート ラウンド 0.6mm ブラウン

ジグヘッド:FINA ブラッシュイージー 1/20oz #1

ラバーに関しては、最初からバラけてる物もあり、一見こちらのほうが楽そう見えますが、なれるまでは、固定時にバラけたりしてストレスになります。

なので、最初は自分でラバーを裂くタイプをおすすめします。

ラバーカラー、ジグヘッドサイズは、ご自身の目的に応じてチョイスしてみてください。

では、はじめます!

自作 スモラバ

まず、予めラバーを15cmカットしておきます。

自作 スモラバ

次に、バイスでジグヘッドがグラつかないように固定します。ヘッドの向きはご自身が作業しやすい方で大丈夫です。

自作 スモラバ

続いて、裁縫糸を使ってラバーのズレ防止と、スカートの仮止めに使う糸の準備をします。

まず、裁縫糸を長めにカットします。(なれるまでは、ケチらず長めです)

自作 スモラバ

大体、同じ長さぐらいでジグヘッドのアームで折り返し、“止め結び”で糸が解けないように結びます。

片方の糸でラバーズレ防止の下地を巻いきましょう。

上記画像のようにワームストッパーの上あたりから矢印の方向、ヘッドの付け根付近までグルグル巻いていきます。

※ キレイに揃えて巻かなくても大丈夫です。ガードを巻き込まないよう注意してください。

自作 スモラバ

ヘッド付近に到達したら先ほどと同じく止め結びします。(解けないよう2回ほど)

結び終えたらズレ防止下地は完了です。あまった糸をカットしちゃってください。

もう1本の糸は、この後ラバーの仮止めで使用するのでそのままにしておいてください。

自作 スモラバ

続いて、ラバーの装着です。

最初にカットしておいたラバーを半折にし、ジグヘッドに被せます。
そして、長さがずれないよう指で押さえながらヘッドの付け根位置でラバーの上下の長さが半々になる位置に調整します。

位置決めが決まったら先ほどのもう1本の糸でラバーを仮止めします。

はじめは、ラバーの位置がズレので、微調整しながら緩めに巻いていき、位置が整ってきたらグリグリと多少強めに巻きつけてラバーを固定しておきましょう。

※ 糸は後でカットするので、結ばなくても大丈夫です。

自作 スモラバ

最終段階です。

ステンレス線でラバーをガッツリ固定します。

ステンレス線をヘッドの付け根に押し当て、力を入れながら2巻きほど巻きましょう。

ジグヘッドのガードが邪魔になりますが、完成時にフレアをキレイに広へるためのポイントになります。

手で何回かクロスさせ締め付けましょう。

ラバーが多少、シワシワになりますが、現段階では特に気にしなくて大丈夫です。

自作 スモラバ

プライヤーを使い強めに締め付けてあげます。

強く締め付けすぎるとラバーが切れやすくなるので、加減を見極めてください。

ある程度締め付けたらニッパーでカットして、突起した箇所をプライヤーで折り曲げておきます。

同時に仮止めの糸も解いてカットしてしまいましょう。

自作 スモラバ

はい、バイスから外しました。

もう完成したも同然です!
ここからは、気軽に鼻歌でも歌いながら作業しちゃってください♪

自作 スモラバ

ハサミでラバーカットします♪

自作 スモラバ

後は、ラバーを1本、1本裂いていくだけです。ラバーを裂くときのツー、ツーっといった感じがくせになりますよ(笑)

自作 スモラバ

はい!ラバーを全部裂いた状態になります。この状態でも実用性十分ですね♪

自作 スモラバ

お好みに応じてトゲトゲ短髪、ロン毛などトリミングしてみてください♪

自作 スモラバ

また、長ヒゲを着けたい場合、ラバーの仮止め作業の段階で、お好みに応じて用意しておいたヒゲを装着してください。

自作 スモラバ
 
自作 スモラバ

バラけてイラっとするときはマスキングやセロテープで結束して作業してみてください。

自作 スモラバ

完成です!

自身で完成させたときは「ぉおおっ!!」感無量ですよ( ̄∀ ̄)

デス3、スカッパノンとのマッチングも完璧です!

自作 スモラバ

別カラーも少し作ってみました。

「いかがでしたでしょうか?」

私自身もスモラバを自作する前は、皆さんが思っている通り「難しそう、めんどくさそう、買ったほうが楽じゃね...」等、ありました、、、

しかし、実際に製作してみると、本当に簡単かつ面白いですよ!

自作をためらってらっているアングラーの方は是非、トライしてみてください。高いお金出して買うのが本当にバカバカしく思えますよ!

また、タックルボックスの肥やしになっている、チャッター、バズ、スピナベなどのスカートカラーのリニューアルも容易にできますよ♪

さて、今回スモラバ1つの製作コストは!?

約136円です!

自作 スモラバ
 
自作 スモラバ

自作スモラバ おすすめツール&素材!!

スモラバ自作するなら必要不可欠です。

低価格の物は、精度があまりよくなく、細いフック(マスバリ)などはズレてしまうデメリットがあります。

ただ、今回のスモラバ製作においては、低価格のバイスを使用しており、スモラバ用ジグヘッドのワイヤー径であれば問題ないです。

スモラバ製作に最適なサイズのジグヘッドで、スモールの激しい暴れっぷりでもブラシガードが破損することなくコスパがいいです。

自作スモラバのスカートにおすすめ!

バラけてないタイプですが、作業しやすく、長さも2メートルとお得♪

今回使用したカラーはブラウンですが、赤みが強いのでレッドブラウンといった感じです。スカッパノンソリッドタイプの製作をお考えのかたにマスト!