splendor

釣行記録

steez sv 6.3 ss air 8.1

 私が在住する埼玉県には、数多くの野池があり昔は数多くのアングラーでごった返していました。

ですが・・・

 近年は、“釣り禁止”の場所が多くなってしまい、バス釣りも簡単にはできなくなってしまいました。以前、釣りができた場所も年々、釣り禁止の看板が立てられていき、現在に至っては大部分が釣禁となっています。

釣禁となった原因は、私たちアングラーです。。。

迷惑駐車、ゴミのポイ捨てなど、マナーの悪さが原因です。

釣禁となってしまったら、二度と立ち入ることができません。

数少ないフィールドで末永くバス釣りを楽しめるよう、私たち一人一人がマナーを守り、楽しいフィッシングライフを送っていきましょう!

 

春本番! 川スモールバス釣り

桜満開

本日、4月14日、昼過ぎから3時間程、河川へバス釣りに行ってきました。

川沿いの桜も満開になり、いよいよ、バス釣りシーズンの到来です。最近は暖かい日が続いたため、川の水温も15度まで上昇しました。

秋の暖かい水から低下した水温15度ではバスの活性は一気に下がりますが、春の冷たい水から上昇した15度はバスの活性を一気に上げてくれます。

時間も余りなく、バサーも数人来ているので、手っ取り早く探っていきたいと思います。

はじめは、スイムベイトで広範囲をサーチしてみるも、ノーバイト…「う~ん」、他のバサーもダウンショットなどで釣りをしてるも、釣れておらず…。

早々、見切りをつけて他の場所へ移動しルアーチェンジで、ゲーリーのレッグワーム2.5のノーシンカー。

キャストしたら水深の半分ほどフォールさせ、後は川の流れだけを利用してレンジをキープしラインスラッグを取るだけ。

これが当たりで、「ググッ!」っとバイト!

39cmのスモールバス

釣り上げたバスは、39cmのスモール、かなりエキサイティングに暴れてくれ、興奮させてくれました。

その後、場所を少し変えて、同じ方法でトライ。

「ヒット!」

「小さっ!!」

20cmぐらいのチビバスです。
釣れるのは嬉しいですが、このサイズが元気になってくると、結構、厄介なんですよねぇ…。

その後は…、チビバスのオンパレード。

 
 
 
 
 

本日は、短時間で計8匹釣れたので満足です。時間が来たので、終了し帰路に着きました。

「バスさん、今日も、楽しい時間をありがとう。」

 

春は良型が釣れる!川スモールバス釣り!

本日、4月5日、正午から3時間ほど近所の河川へバス釣りに行ってきました。

日の光にもやっと暖かさを感じはじめ、草木もやっと緑の葉が生え始めてきましたが、釣人は誰もいません…。

川の水もまだ冷たく、水温は9度、スモールはラージに比べ低水温に強い魚ですが、どうなんでしょうか…。

以前、来たときは水温は6度ぐらいで、この時はバスは絶滅したと感じるほど生命感ゼロ…、キャスティング練習して帰りました。

ですが、春のバスにとって水温が1度下がるのと1度上がるのとでは、活性は全然違います。冷たい水から1度でも上がれば活性は確実に上がります。

今回は、前回より3度上昇しているので期待を込めていざ、釣り開始!

川は全体的に浅場が多く、水質もクリアなので魚がいれば目視で確認できます。
捕りあえず、水温が上がりやすい日の当たる浅場の岩陰を1時間ぐらいネコリグで探るも、ノーバイト…。

やはりまだ、厳しいのか…、水深2メートル程の深場に移動し今度はマイクロスプーンにチェンジしボトムを超デッドスローリーリング、そして、2投目にコツ、コツと小さなバイト、フッキングするも乗らず…。

そして、もう一度同じ場所を通すとまた、コツ、コツ、今度はためにためてスイープフッキング、乗りました。

39cmスモールバス

そして、慎重に捕り込み、釣り上げた魚は39cmのスモール、嬉しくてたまりませんでした。

その後は、バイトもなくなり、時間も余りなかったので帰路へ、そして最初の場所へ戻ると、水面に波紋がっ!?「まぁ、コイでしょ…」さすがに、この時期トップじゃ出ないでしょと、駄目もとで、デスアダー3インチ、ノーシンカーでトップをスイミングさせ、その後、水深20cmぐらいの岸際を通すと、水面が盛り上がり「ドバシャッ!!」  「ウヒョー!出たー!」まさかバイトするとは思ってなかったので、テンパッテ、ロッドを落としそうになるわで、何とか捕り込み完了。

45cmスモールバス
 
45cmスモールバス

釣り上げたバスは、余りお目にかかれない、45cmのスモール。この時期にトップで釣れたことが余りにも嬉しくて、奇声を上げてしまいました。

「バスさん、ありがとうございました。」